仕入れの季節はじまる

大雪の厳しい冬だったので、3月に入ると駆け足です。いえ、風景はいまだ白く雪がのこります。でも見渡せば桜に堅いつぼみ、庭には水仙の芽、雪の下からふきのとう! 人の気持ちもはやるのでしょうか、「本を整理したい」というご連絡が相次いでいます。
3月はじめは大阪へ。異動のセンセイの膨大な図書。蓄積された蔵書に向き合うと、時代の空気と、その方の決意が伝わります。古本屋の仕事は本の交通整理をして、活かすべき本に新たなラベルを張って命を吹き込み直すこと。売り主さんが背負われた重い荷物の荷下ろしをお手伝いして、新たなご出発を祝福します。 みなさん、春ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。