棚作りまだまだこれから

新店舗福畠町の書棚は野町の在庫を上回る収容量です。それに急に香林坊「本の広場」の棚も増えました。よい本おもしろい本で上から下まで棚をビシーッと詰めきりたい! というのが店主の願いというものですが、いやはやなかなかその状態にすることができず歯痒いのです。来るたびに本が増えていますよ、棚の状態が変わっていますよ、ということは間違いないのですが。理想の棚づくりの達成はいつも難しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。